ニキビが増えちゃった!ニキビが増える原因は?

ニキビが増えちゃった!ニキビが増える原因は?

どうもニキビが急に増えてしまったという人は、以下の3つのことが引き金かもしれません。

・睡眠出鱈目
・生理前
・間違ったケア

では、細くご説明させてください。

睡眠出鱈目

ニキビは皮膚の交替がなめらかで、難関起動がしっかりしていればできません。交替は皮膚の細胞が変わる循環のことです。

これが遅れると、古くなった角質が自然に垢として落ちることなく見た目にいつまでも見て取れることになり、真新しい細胞に変わるのを妨害します。そうなると野暮ったい角質が毛穴に滞る引き金にもなり、ニキビができやすく達する。

逆に、交替が早くなるという、皮膚の裏で生まれた細胞が成育しきる前に見た目に並んでしまうことになるため、にくいも厚さも若干な細胞が並ぶことになり、皮膚がスカスカの状態になって仕舞う。

本来は、見た目には隙間なくきれいに細胞が並んでいるハズなので、潤いが逃げることもなく、外部からバクテリアやアレルゲンが侵入してくることもないのです。これが難関起動です。

しかし、交替が早くなっていると、そういった難関起動がガビガビになってしまうので、ニキビなどの肌荒れが発生しやすいのです。

ですからじわじわ積み重なってきた皮膚への乱れがゆっくりと難関起動を壊して赴き、その結果ニキビが急に増えて仕舞うね。

こうして、睡眠が前文ってどのように関わって生ずるのかですが、本当は、そういった交替を正常にする実行というのは、眠っているときに起こるのです。

眠ってからの180分間で、美肌ホルモンだ成育ホルモンが分泌されるので、そういった時間にどれだけ睡眠のデキを高められるかというのが甚だ大切になる。

たかが睡眠なんてバカにすることなく、相応しい快眠に塗るように工夫されてください。

生理前

女性は毎月、月の物があります。この時期は、様々なホルモンがはたらきかける成績、体内のホルモン割り振りが通常のフォームにて崩れてしまいます。

生理前は、たびたび顎やフェイス順路にニキビが急にできてしまったというほうが多いですよね。これは、黄体ホルモンという男ホルモンという実行をするホルモンのせいなのです。

黄体ホルモンは、受精卵が着床できるように子宮をフンワリにする任務を持っています。ですが、男ホルモンという働きをする成績、その他に皮脂の分泌を過剰にやるアジテーションもあるのです。

ニキビは皮脂が毛穴に滞る結果できますから、皮脂の分量が多いとそれだけ毛穴に詰まってしまう百分率も高くなりますよね。ですから、生理前はニキビができやすくなってしまうのです。

これはホルモンの実行ですから、ある程度は技法がありません。ただし、月の物後に分泌されるホルモンの力を利用して、ニキビができるのを予防することはできます。

間違ったケア

最後は間違ったケアです。「ニキビがあるのは皮膚が汚らしいからだから、何度も洗いをした方が素晴らしい!」、「洗い後はメイク水で皮膚をパッティングし、それが逃げないように乳液で蓋をするべき!」などは、どしどし言い張ることなのですが、本当はそのケアは間違ってある。

ニキビを治すためには難関起動が正常な状態になければならず、難関起動が正常な状態にあるためには皮膚が自分で作り出した皮脂が必要なのです。

それなのに何度も洗いによっていては、美肌に必要な皮脂まで取り去られてしまいます。

それに乳液でベタベタ保湿においていては、皮膚が生成する重要のある保湿因子を取り出すのをサボって仕舞う。また、乳液は油分が多いため、逆にそれが毛穴につまる引き金にもなります。

ですから、自分ではニキビを治そうって腹いっぱいケアしてきたとしていても、急にニキビが増えたり悪化したりして仕舞う。

日々のケアはポイントですから、おしなべて良いケアによってニキビを付け足しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です